BLC80/35R-Power Max Super Cobra カスタムモデル・ファクトリーモデルデザイン

■高負荷ドラグファイトでも楽にファイト出来る『BLC 80/35 R−PM・SC』 はデビュー以来、マグロ ヒラマサ アングラーの方々から高い評価をたくさんいただいてきました。『高いドラグ負荷でもファイトがやりやすい』 『魚が激しく突っ込んだ時にも安定してファイトが出来る』 と、特にファイトに於いて体の負担が少なく楽にファイトが出来ると高い評価のお声をいただいております。カーペンター独自のブランクアクションであります  “BLC R−PM” 系は、最後までファイトを止めないマグロ 、ヒラマサに大きな利点があります。ファイト時に適正な柔軟性がファイトの衝撃を緩和してくれて、体への負担を軽減してくれる。負荷に応じてスムーズに支点移行が行われる設計は、高負荷ドラグでもつんのめらない安定したファイトポジションを生んでくれます。アングラーは大型魚との激しいファイトでも心に余裕を持った動きで対応することが出来ます。効率的に機能するカーペンター独自のブランクアクションは『岩礁帯のヒラマサを止める機能』 『泳ぎながら最後まで抵抗を繰り返すマグロを浮かせる機能』 を感じていただけると確信しています。『BLC 80/35 R−PM・SC』 のもう一つの特徴は γ(ガンマ)90 BF(ブルーフィッシュ)90が余裕で操作出来るソフトなティップを持ちながら、バットパワーが35Lbあることです。マグロ ヒラマサに多く使用されるサイズのルアーである 90〜120g 前後の中型フローティングペンシルが使いやすいです。シンキングペンシルですと比重が大きいので50gでもキャストがOKです。ルアー操作が上手く出来るティップセクションを持ちつつ、大型魚を上げることが出来るパワフルなバットパワーを持った 『BLC 80/35 R−PM・SC』それでいてティップ ベリー バットの繋がりがたいへんスムーズで非常にファイトしやすいです。支点の移行とパワーの溜まりはテストを重ねて得た最適なものになっています。ロッド自重はたいへん軽く、ブランクはたいへん強靭です。『BLC 80/35 R−PM・SC』 のターゲットは玄界灘の20〜30kgクラスの大型ヒラマサ、七里ヶ瀬の 30〜80kgのクロマグロや、東北の 30〜80kgクラスのクロマグロ・・・さらには、近年増えている 三重 和歌山 伊豆 相模湾の30〜80kgクラスのクロマグロやキハダマグロです。ファイトに慣れておられる方なら100kgを超えるマグロも可能です。マグロ狙いの方で体力に自身が無い方は、無理にヘビーロッドを使うよりも 『BLC 80/35 R−PM・SC』 を使い、じわじわマグロを寄せるファイトの方が向いています。どのような感じのロッドなのかが少しでも分かるように動画をアップさせていただきました。是非、ご覧ください。 カーペンターHPファイト動画
購入数
-
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

水曜日は定休日になります。

be closed every Wednesday

営業時間 hours 12:30〜20:00

日曜日・祝日・年末年始 hours 12:30〜19:00

Back to Top